大阪マラソン参戦記

イベント(自転車・ラン)
10 /31 2016
s-IMG_7246.jpg
大阪マラソンに参戦してきました。
膝痛や腰痛、尿路結石で救急車で運ばれたりと、劣化感全開の今日この頃、
ここ3カ月のランニング距離は月平均50kmほど。
大会が近付くにつれても不調感は相変わらずでしたが、
やっと当選した大阪マラソン、制限時間はおおらかなので
とりあえずなんとか完走出来ればいいわという気持ちで参加することにしました。

受付は前日受付、電車乗り継いで大阪南港へ。
ゴールゲートが設置してあります。
当日はここに戻ってくるのは走ってか、
それとも回収のバスか?w
s-IMG_7155.jpg

お祭りモードですね。
s-IMG_7157.jpg

外人さんが多そうです。

s-IMG_7162_20161031092120063.jpg

受付を済ませ、有無を言わせず出店ブースゾーンへ・・
お、セイコーのブース!
s-IMG_7163.jpg
いい買い物ができた(笑)

試供品のノンアル、無料で旨さ3倍増し。
s-IMG_7165.jpg
色々お店もあったが、人が多いので早々に退散。

セイコーブースでの戦利品。
s-IMG_7169.jpg

こりゃいいわ。これでマラソンだめでも悔いは無しww
s-IMG_7171.jpg

で、マラソン当日。
AM3時に目が覚めてしまった。
とりあえず膝周りと腸脛にかけてテーピングする。
s-IMG_7178.jpg

朝食はもちろんイベント時お約束の牛丼特盛半熟卵、味噌汁と紅ショウガ山盛りでお洒落に決める。
s-IMG_7179.jpg

始発電車を待つ。
ホームにはマラソン参加者らしき人が数名おられた。
我が町にも同士がおられるのだな(笑)
s-IMG_7180_201610310922133d3.jpg

大阪城公園駅に着くころには凄い人。
s-IMG_7189_20161031092319040.jpg

会場でyamaさんと合流。超お久しぶりです。
結構時間に余裕がなく、少しお話しした後、各自のスタート地点へ移動
s-IMG_7203_20161031092321bd3.jpg

大阪城って初めて見るかも・・
s-IMG_7217.jpg

荷物置き場から20分ほど移動してようやくスタート地点着。
待っていると凄く腰が痛くなってきた。
腰の痛みが連鎖して足にも痛みが出てきた。
立っているだけで痛くなるってなんやねん。。
s-IMG_7226.jpg

9時になりスタートしました。スタートライン通過まで16分ほどかかりました。
スタート地点にはジミー大西画伯やアンミカさんがおられましたね。
s-IMG_7255.jpg

ようやくバラけてマイペースで走れるようになりました。
s-IMG_7256.jpg

お、芸人さん発見!
s-IMG_7262.jpg

大阪の街のド真ん中を走るのは痛快ですね。
s-IMG_7269.jpg
キロ6分前半ぐらいで走ります。
10kmぐらいで膝に違和感が出てきました。
痛みが一線を越えたら走れなくなるのは承知しているので
やばそうになったら、停まって少しマッサージしてまた走りだします。
ペースは上がらず20km手前でキロ7分に入ってしまう。
思っていた以上に暑い。
Tシャツ1枚で良かったぐらいだ。
ハーフは2時間21分で通過。
やや遅いがそれより余裕がない。
もう辞めたくなってきた。

走っていて気付いたが、トイレの設置が凄く多い。
参加者が多いのもあるだろうが、1kmおきぐらいにトイレがあるような感じ。
これは大概2回くらいはトイレに行く私としては非常にありがたくまた精神的にも
安心して走れていい。
実際待ち時間も2~3分ぐらいで済んでタイムロスも少なく、ランナーとしてもありがたい。

横断陸橋のところにはボランティアの人が沢山いて、なんでかなぁと見ていると
マラソンで道路が横断できない自転車の人が横断陸橋の階段を上がるのをサポート
(自転車を持ち上げる)する役割をされているようだ。
こういう方々の隠れたサポートがあって、また近隣の方の道路を使えない
ご不便も受け入れてもらってこういう大会が開催されていると思うと
非常にありがたく、またこれは必ず完走しないといけないと思った。
途中、スピードスケートの岡崎朋美さんとハイタッチ。
メジャー大会ならではだな

膝がまた痛くなってきたので小休止、ランナーズアイでyamaさんの現在地を確認。
私は27km手前ぐらいだったがyamaさんはもう35km地点に居られた。
想定通りの差だ(笑)
このサイトはほんとに良くて家族たちもこのサイトで私の疾走ぶり(?)をリアルタイムに
確認していたようだ。
これはいい、素晴らしいシステムだと思う。
s-IMG_7272a.jpg

走り進んで西成のエリアに入る。
沿道にはたくさんの人々、人情味あふれる応援満載で凄くいい感じだった。


またこの後にあった、まいどエイドはまさにお祭りの屋台が立ち並んで
いて食べるもの満載の充実エリア、まさに食の祭典w。
ここでいなりすし、たこやき、大福もち、ラッキョを食べた。
旨かった。特にラッキョ、うまかった。
小一時間ほどここに居たかったくらい。
s-IMG_7276_201610310925156c6.jpg

ここを過ぎたあたりから、道端でストレッチをする人、歩く人とかが
増えてきた。
私も歩く事が増えてきた。
s-IMG_7278_201610310925171f3.jpg
応援の人たちが、色々応援のメッセージを書いているのだけど
これが結構面白いのが多い。
「6回落選しています。どう思います?」とか
残り10キロ地点で「10キロは誤差です」とか・・
いいねぇ~

また違うところでは応援の外国人の女性がハイテンションで
「マラソンなのになんで歩いてんねえ~」
と厚切りジェイソンみたいなキレキャラで激をとばしまくっている。
面白い。外国人も関西にくるとこうなるのか(笑)

ゴール前の難関、南港大橋の登り。
s-IMG_7287.jpg
ここはなぜか足が動いたので、走って登りきる。。

南港エリアに入り、もういい加減バテバテになっていると
またこころに響く応援メッセージ
「今までもっと辛いことあったやろ!」
ハイありました。頑張ります。

応援団長お出ましw
s-IMG_7290.jpg

密着取材か、青○愛様の御一行。
かなりつらそうな感じだった。
サポート感が鉄壁だったな。
s-IMG_7296.jpg

40km地点ぐらいでタイム確認したら、なんとか5時間半は頑張れば切れそうなので
足引きづりながらも頑張る。
最後の1キロは頑張って走ったが、もうちゃんと足も動ごいてくれず
ヘロヘロにながらなんとかゴール
タイムは5時間30分13秒と13秒越えてしまった。
残念だがこのレベルならまあ別に大差ないか(笑)
s-IMG_7301.jpg
なんか足先痛いなあと思っていたら右足小指が火曜サスペンス状態になっていた。


足を曳きづりながら、帰途へ着く。
交通規制で駅まで相当な遠回り、辛い。
s-IMG_7303.jpg

yamaさんは急用で先に帰路につかれたので、私は一人慰労会ということで新大阪に出て
こちらの串カツ屋へ
s-IMG_7304.jpg

生中と串カツ、旨かった~
s-IMG_7305.jpg
この後は電車にも無事座ることもでき(足が痛いので立ったままだとどうにも辛い)
同席の岡山から名古屋へ向われるおじいさんと世間話をしながらの帰路となりました。

本日の記念品。
s-IMG_7307.jpg

メダルはいいですね。
次は東京マラソンのメダルが欲しいな。
s-IMG_7310_20161031092623191.jpg

タイム的にはいままでのフルマラソンではワーストタイムとなってしまいましたが、
とりあえず完走出来て良かったです。
なにより楽しめました。
フルマラソン6回目ですが一番面白かったかも。
体の不調に関しても対処法は見えてきたのでまた緩い大会なら参戦してみたい
と思います。
ご静聴ありがとうございました・・
(笑)



コメント

非公開コメント

無事完走、おめでとうございます!

月平均50kmほどのトレーニング(⇒ホンマですか?)での完走、

ワイなんかも全く走ってないのに来春のフルを検討しよーかな、と

ヘンな自信が湧いてき、冗談抜きで励みになりました。


それにしても荷物預り場所からスタート地点まで20分ですか、

シティマラソンは混んでいて堪りませんなぁ(苦笑)


エイドで大福もちを食べられたとのことですが、フル当日の朝食は

牛丼(⇒正にこれは大正解)、スタートまでの待ち時間に大福もちが

イイと某国際女子ランナーが教えてくれました。

それよりも、腹持ちより最後まで脚が持つことのほーが重要なんですけどねぇ。

暫くはゆっくりと脚を休めてあげてください、お疲れさまでした。

No title

>リュウさん
ありがとうございます。
平均50kmはほんまですよ。
タイム度外視なら完走は行けると思いますよ。
牛丼もあながち外れていないようで良かったです。
いつもながら後半が全然脚が持ちません。
心拍なんか全然上がってないのに、足が重くて動かない
まさにこれはトレーニング不足なんでしょうね。
正直もうフルはいいかなとか思っていたんですが
走り終えるとまた少し気持ちが出てきました。
でも今からエントリーできる大会はあまりないのですね。
目標がないとランもあまりしないかもしれないので
目標設定がてらまた検討したいと思ってます。

No title

お疲れ様でした!
急用が入ってお先に失礼してすみませんでした。
なんとか無事間に合いました。
それにしてもやはり大阪マラソンはサービス満点で楽しかったですね。
スタッフだけでなく観客やランナーまでもいかに楽しむかということをよく知ってます。
仮装のランナーを見ていたり
観客とのやり取り聞いているだけでも面白かったです。
タイムどうのこうのより楽しく走るマラソン、
これで十分ですね。
また出てみたいです。

No title

>yamaさん
お疲れ様でした。
間にあってよかったですね。
体調不良の中、さすが好タイムでしたね。
大阪マラソンは大阪らしい人情味あふれた暖かい大会でしたね。
またスタッフの方も皆さん親切丁寧、素晴らしかったと思います。
また参加してみたいと思いました。
次回は串カツと生中いきましょう~

タケヘイ

ようこそ!タケヘイの休日日記へ!!