9月王滝MTB100km行ってきました・・ 後篇

イベント(自転車・ラン)
09 /21 2011
CP2に向けてまた登り始める。
登っていると、ブログで見たことのあるバイクに乗っている御方が居られた。
たしかこの方だ
声をかけるとそうであった。
王滝は何度も出られているよう、「この時間でこの場所だとCP3はギリギリかも」とのこと
ギリギリかぁ・・ということは、逆に言えば頑張ればなんとかなるかもしれない。
しょぼいながらも今まで、朝錬とかローラーとかこの日のためにやってきたし
それを無駄にするのはあまりにもったいなく貧乏人としては
もったいない事は到底許されない。(w)
悪あがきであきらめずにやるだけのことはやってみようと言う気持ちになった。
手の痺れと肩は痛いけど、少し落ちついてはきたし。。

ペースは上がらないけど先行者に離されないよう頑張って走る。
走っていて気がついたけど29インチのバイクが多い、結構の割合でみたような
気がする。
あとバックパックを背負ってない人もチョイチョイ見かける。
ジャージのポケットだけでは入る量はしれているし、グルメな私では到底ありえんなあ・・

また腹減ったので途中天然エイドで、ハイドレーションに水を補給
(ほぼ空になっていたので2L補給)とパワーバーバナナ味を喰う。
あの独特な食感はこの時には呑みこむことができず、水で流しこんで出発。
でもパワーバーのおかげかこれ以降お腹は空かなかった。
やがてCP2(66km)通過。タイムは6時間30分。
カツカツだけどCP3の手前は6kmほど下りということもあるので
登りを頑張れば到達できそうな可能性が出てきた。
モチベーションを維持するために「絶対に完走する、完走する・・」と独り言ぶつぶつ
言いながら走る。近くを走っていた人には気味悪がられていたかもしれない・・
やがてCP3手前のピークをなんとか越え、下りに入る。
まだ肩が痛いし、手もジンジン痺れているのでなんか乗っていても、感覚がいつもと違う。
そして見通しのいいそんなにガレてない下りをそこそこのペースで下っていると
なんか良く解らないけど、また前輪が流れて転倒!
でも本日2回目なので慣れてきたのか、綺麗にコケタ(笑)
「大丈夫ですか~」と後続の人が声をかけながら通過していく。
「ライン邪魔してゴメン!」と謝る私。
今回は右の大腿部を打ち付けた。
そしてCW-Xが穴あいた(泣)
自転車の方は、右のバーエンドが衝撃で天空に向けておったった状態になった程度で
問題はなし。あ~よかった。
バーエンドは後で直すことにして、とりあえずCP3目指して下る。
やがてチェックポイントが出てきた。
時間は13時45分、ヨッシャ!!足切り15分前に着くことができた。
ここさえクリアーできたら、トラブルなければ何とかなりそうだ。
到着される方々もその辺のことからか一応に皆笑顔である。
ここで長めに10分ほど休憩、手持ちのサプリ類をすべて流し込んで登坂開始。
ここからの登りは、疲労もありさすがにツライ
実際このセクションぐらいから、自転車を押している方が増えてきた。
乗っている方々も、一様にスローペースで、気力だけで登っている感じ。(もちろん私も)
そんな集団の中に颯爽と追いついてきたスペシャのフルサスが・・
どっかで見たことあるなあと思っていたら思い出した。
BC誌で王滝にチャレンジしているモデルのREN氏だ。
なんかバイクもウエアーもほんとに走ってきたのというぐらい汚れてない。
モデルだから途中で着替えたりしてるのか?
そしてサドルの高さ、メッチャ高いし・・
軽快なペダリングで同行のスタッフともにあっという間に見えなくなった・・
最後のピークを無事越えて、あとは10km近く下るだけ。
道は結構ガレていて、元気だったらハイペースで楽しく走れそうだけど
バテバテだし、ここでトラブル発生したらシャレにならないので
10km後半ぐらいのスピードでゆっくり慎重に下る。
途中2人ほどパンク修理している人がいた。
ここでパンクしたら凹むよなあ・・
途中、カメラマンがいて、片手ピースしたらブレーキングが遅れて、危うくコースアウト
しそうになった。
もうちょっとで衝撃映像撮影されるところだった。
走行していると、やがてゴールゲートが見えてきた。ヨッシャ!!

嬉しさのあまり半分泣きそうになりながらゴール!
タイムは多分9時間10分台後半ぐらいだったと思う。
感極まっていると、スタッフのおじさんに手招きされ行くと、無言でゼッケンうらについている
チップを外し、こっちへいけみたいな感じで指示された。
あまりの愛想なさにゴールの感動も吹っ飛んでしまった(笑)
しかし疲れた・・、バイクもドロドロ・・



今回バイクは私が落車して痛めつけた(?)以外では、ノートラブルでした。
特にシフトフィールは最初から最後まで変わることなく作動してくれて
XT+XTRワイヤーの高品質を実感できました。
パンクも無しで、生還後空気圧を計ったても全く減ってませんでした。
リアは仏式バルブ締め込み忘れていたようですが、幸いエア洩れなしでした。

さて、ここから自走で車を停めている公園へ戻ります。
車に着くと同僚Tがへばっていた。

私「おつかれ~」
T「あれ、どこ行ったはったんですか?」(?)
私「どこ行ってたって、今戻ってきたんや、完走できたわ!」
T「え、完走できたんですか?、お~凄いっすやん!」
と万歳三唱。

同僚Tは30分ほど前にゴールしていたそうだが、あまりにきつかったので
私は途中終了しているものと思っていたようだ。。

やがてパインさんが顔を出してくれた。
7時間前半と素晴らしいタイム、あとnakaikeさんにいたってパンク3回でも7時間と
信じられへんタイムでゴールされていた。

この後は、名前忘れたけども道中の温泉で汗を流し、インター手前の中華の殿堂で
恒例の“中津川セット”食って、10時過ぎに帰宅となりました。

今回のタイム(自走で移動含む)



正直、完走できると思ってなかったので、フルマラソン初完走と同じくらい凄くうれしいです。
これでしばらくは練習と気負わずに自転車生活が楽しめそうです。
諦めたらそこで終わりですが、諦めなければいい結果が出る可能性がある、
それを実感できた1日でした。
当日お会いしたみなさんありがとうございました。
そして参加されたみなさん、お疲れさまでした。



コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様でした&おめでとうございます!

王滝・・・それぞれにドラマがありますよね~。
レポ読んでてコースを知ってるだけに臨場感ありました。

確かに完走できたら練習からの開放感って少しありますね(^_^;)。

また近場で緩~く遊びましょう!

ホントにお疲れ様でした。
身体&バイクともにゆっくり癒してください!

No title

コケても、コケても完走。凄いです!
読んでて、泣きそうになりました。(^^)

ゴールのスタッフさんの愛想なし感には、吹きましたが(笑)

ほんと、お疲れ様でした。(^o^)/

No title

完走おめでとうございます!
転倒2回でダメージもあったようですが、走り終えれば充実感ありますよね、王滝は。
そしてよく見るとLiLiSukeマップとひろっちゃんのブログが(笑)
お二人とももう数年来の王滝仲間なんです。
私は今年参加しないことにしましたが(爆)

No title

無事完走お疲れ様でした!
そして、おめでとうございます(*^▽^)/

僕も王滝は気になるイベントの一つなのですが、土日の休みがほぼ皆無な仕事なもので、人様のレポで妄想しながら楽しませて頂いています。

『仕事有っての趣味!』だとは普段から自分に言い聞かせてますが…
やっぱり、一度ぐらいは出てみたい!!
っと、taketonさんのレポを拝見しながら思いました(笑

目標も達成されましたし、暫くは里山ライドをエンジョイして下さいね!

お疲れ様でした。

No title

大変お疲れ様でした。
道中に独り言を唱えるぐらい満身創痍だったことがよくわかります。
来年は私も5も9もディスカバりますよ!
完走してモチベーションも上がっちゃったところで時間制限のないライド行きましょう!

No title

声をかけていただいてありがとうございました。
苦しい時だったけどおかげで元気が出ました。
転倒にも負けずみごと完走されてたんですね!
おめでとうございます。
「絶対に完走する、絶対に完走する」は私も繰り返しつぶやいてます(笑)
今後ともよろしくお願いしますね!

No title

>パインさん
お疲れさまでした。
パインさんも7時間切れなかったものの好タイムで素晴らしいですね。
終了後は「もうこんな過酷な競技は出えへん!!」と言ってたのですが
今の時点ではまた出たくなってきております・・(笑)
しばらくは地元で緩く遊んでまた来年頑張りましょう。
ありがとうございました。

No title

>ワタルサン
ありがとうございます。
ハイ、もうコケまくっちゃって・・
こけてないけどこけそうになってのも何回かありでねぇ・・・
もしあのおじさんに「よう頑張ったな!」なんて言われた日には
グォ~と泣きが入ったかもしれなかったので、無愛想でよかった
かもw
次回はこの尋常でない(?)イベントに一緒にでてみませんか?

No title

>PEANA2さん
ありがとうございます。
ようやく疲れが取れてきた今頃になって、じわじわと完走の喜びを
かみしめております。
LILISUKEさんのマップ、距離も正確だし、地形図も分かりやすくて
ほんとありがたかったです。
もしこのマップがなかったら、先の見えない不安で途中でリタイヤ
してたのではと思うほどこの地図には助けられました。感謝です。
よろしくお伝えください。
ひろっちゃんさんも私が滋賀からですと言えばすぐPEANA2さんの
お名前が出てまいりましたよ(笑)
来年は王滝でお逢いしましょうね

No title

>HYさん
ありがとうございます。
私もどちらかといえばサービス業(?)系で週末の休みは取りずらいの
ですが、今回は上にやや嫌味を言われつつも参戦してきました(笑)
乗りまくっているHYさんならきっといい結果が出ると思いますよ。
ぜひ一度近所の山でも走りに行きましょう!

No title

>親方さん
ありがとうございます。
おっしゃる通り満身創痍でして、転倒で打ち付けた箇所が結構
今えらいことになっており、子供がそれ見て絶句してましたわ(笑)
けっこう独り言ぶつぶつ言いながら走っているライダーは多かったので
たぶんそんなに浮いてなかったとはおもってますがね・・・
また近所の山ライドよろしくです!!

No title

>ひろっちゃんさん
先日はありがとうございました。
声を掛けさせてもらった時は半分完走をあきらめていたときで
お話させてもらって、がんばってみようと気持ちの切り替えを
することができました。
感謝しております。
普段はユルユル系のライドばかしですが、また遊んでやってください。
今後ともよろしくお願いします。

No title

お疲れ様です。
泥まみれのドラゴン号が超かっこいいです(^^)
これからは毎年挑戦ですねぇ

No title

>モルやんさん
久しぶりです。
まだ潜ってんの?(w)
泥だらけ、カッコいいけどメンテが大変だねぇ~
また出たい気持ちにはなって来ましたが、
引き換えに体もバイクも結構ヤラレマス。
またグルツーでもいきましょね。

No title

完走おめでとうございます!
それも丸1日もの長丁場を。
だからこそ、フィニッシュ時に涙ぐみそうになるのでしょうね。

そんな感激をワイも(ウルトラマラソンで)味わいたいよーな
過酷なので味わいたくないよーな・・・。
暫らくはゆっくりと骨休みならぬ脚休みをなさってくださいね。

No title

>リュウさん
ありがとうございます。
強度の高さとバイクのトラブルは自己責任なんとかしろ、
リタイヤ時も自分で戻ってきてくださいとなかなか男前な(?)
イベントです(笑)
確かに過酷さと感度は比例しそうですが、あんまり過酷なのは
腰が引けますよね。。
ご無沙汰ランですがボチボチ守山ハーフに向けて始動します。
また打ち上げ会やりましょう!

No title

初めまして、書き込み失礼します。王滝完走おめでとうございます!僕はポラールのボトルをcp1とcp2の間で落としていたので、もし僕のボトルが原因でしたらごめんなさい!!taketonさんは僕より前を走られていたと思うので、その可能性は低いと思いますが…。

No title

>まっちょんさん
はじめまして!
コメントありがとうございます。
ボトルの件ですが、落ちていたのは確かBBBのボトルですし、
こけたのはあくまで自己責任(技量の低さ)ですので
心配無用ですよ。
長い時間走っているといろいろトラブルありますよね。
私も次回はもう少し余裕を持って走りたいなと思ってます。
またお互い来年の王滝でがんばりましょう!!

タケヘイ

ようこそ!タケヘイの休日日記へ!!