オーバーホール

時計
08 /08 2012
自転車やりはじめる前は、機械式腕時計が好きで、
嫁から「腕何本あるの?」といわれつつも結構持ってました。
(ばね棒のストックも全盛期の名残で結構あります。。)

が、自転車を初めてから、次のバイクやパーツや部品を買うたびに、
資金調達でどんどん手放す羽目になり、
(自転車はなんやかんやと金がかかる!)
今はもうさみしいもんです。

その生き残りの何本かの中で、残っているうちの一本がこれです。
セイコー5 サファイアクリスタル
s-DSCN3115.jpg

セイコー5とは廉価版の機械式腕時計で、電池とかが入手困難な
途上国では、丈夫、正確、そしてセイコーのネームバリューなどで
人気のあるモデルであります。

これはそのなかでもレアものの、ガラス面がサファイアクリスタル仕様。
サファイアクリスタルとは、ダイヤモンドに次ぐ硬度の高い素材で
高級時計にはご用達の素材。
それがこの1万円で余裕でおつりがくる時計についているんです。
(安いので厚みは薄いとは思いますが・・)

例えるならばママチャリにディープリムのホイル履いているくらい
アンバランスな組み合わせ。

しかもこのママチャリ、じゃなくてこの時計、精度も抜群で、
機械式時計では優秀な日差10秒以内を余裕でたたき出す。

自動巻きの巻き上げもセイコーご用達のマジックレバー方式で、非常に高効率。
腕の動きが少なくても止まることはまずない。

重量も軽くて薄く、あちこちぶつけず使い勝手は良好。でもブレスが巻きでチャラチャラの
安っぽいところはご愛嬌というか値段考えたら当たり前。

機械式時計は大概3~5年おきぐらいにオーバーホール出すのが
セオリーなのですが、これは10年以上オーバーホールしてません。

なぜって?
それは本体の値段よりオーバーホール代の方が高いから(笑)
でも12年目に入り、悩んだ末オーバーホールに出すことに
しました。

安もんですが、妙に愛着のあるこの時計、
物の価値観は値段だけではないですね。。


コメント

非公開コメント

同じく普段セイコーの時計をはめてますが、曜日が空回り
していてもなかなか金銭面でオーバーホールは...。
以前にやった時、金メッキのリューズ交換だけでも結構な
お値段だったような覚えが。
さすがのタケヘイさんも時計は無理ですか?

時計はアナログの方が時間がピンときます。
ど頭もアナログですからしょーがありませんわ。

何本も持っておられるとオーバーホール代大変でね。
中にはスイス本国へ送るものもあるんでしょうね、きっと。

でも、愛着あるものは値段関係ないというのはよくわかります。
モノの価値観は人それぞれ、
大切なモノには値段つけられませんから・・・。

>リュウさん
セイコーお使いですか!
確かにオーバーホール代で
おニューの時計買えちゃいますからね。
さすが自ら時計を分解して、オーバーホールは
今のところないですねぇ。
ばねを飛ばすのがおちですから・・・(笑)
私も最近老眼がすざましいので
デジタルよりも針の位置で時間がわかる
アナログの方が使い勝手がよろしいです。。

>yamaさん
間が悪く、今年に入って3本ほど立て続けに
OHがあり、すっかり打たれまくりで結構フラフラです・・
でももう当分はないので、この間に充電しておきます。。
スイス送りのような高級品は、持ってません。
そのようなものをもし所有していたら
自転車強制卒業になる恐れが・・・
^^;

タケヘイ

ようこそ!タケヘイの休日日記へ!!