夢かなえた男

雑記
07 /29 2013
s-IMG_0719.jpg
ひと月前だろうか、彼はいつものしゃべり口調で私に言った。
「今度、8耐出るんです」・・
ええ?8耐?・・

彼と初めて出会ったのは、もう15年前ぐらいだろうか?
そのころ彼はミニバイクレースをやっていて、そのクラスでメジャーなレースで
優勝するぐらいの腕を持っているライダーだった。

その後、しばらくはあまり交流はなかったが、国際A級を取得して鈴鹿を走っている
というのは聞いていた。

彼は普段、バイクに乗っていない。
大型二輪なんて私より後に取得したぐらいだ。
彼がバイクレースをしていることも知らない友人もいたのではないか?
それぐらいひけらかすこともなく、地道にやっていたのだと思う。

その彼がいよいよ8耐に出るチャンスが巡ってきたのだ。

8耐といえば、バイクレースの最高峰の一つ、日本で知られているバイクレースで
もっとメジャーなレースの一つだ。

ジャンルが違えども、競技を経験した者からみれば、最高峰のレースに
参加できるというだけで、これ凄いということはおのずから想像できると思う。

スタート前、グリットでライダーとチームメイトが写真撮影で並んでいるとき
彼は同じチームのライダーとともに号泣していた。
詳しくはわからないが、今までのいろいろの苦労や思いが、この大舞台に
立って、走馬灯のごとく甦ってきたのかもしれない。

やがてレースが始まった。
異次元のスピードで、コーナーを走り抜けていく彼は
まるで背中に羽をもっているかのように思えた。

これでバイクレースを終えると言っていた彼、
一緒に目標として歩んできた嫁さんを今回は連れて行きますと言っていた彼、
彼の走りを見ていたら、そんな思いがいろいろこみあげてきて
なんだか泣けてきたな。







コメント

非公開コメント

No title

いい話ですね。
歳を重ねるにつれて生活という言葉が夢という言葉を追いやっていくのが現実ですが
夢を持ち続けることは本当に素晴らしいと思います。
夢をかなえた友人さん、羨ましいです。
感動しました。

No title

ほんと、良い話。
コツコツと目標に向かって進む忍耐力は凄い!
それを支えた奥様にも頭が下がります。

目標を追い続ける人は、人をひきつけますね。

No title

ワークスに混ざってプライベーターの走る8耐を見るのがが好きでした。
花火の時のピットではプライベーターのシャンパンもあったり・・・。
本当にお疲れ様でしたね。
そして本当に素晴らしい話です。

そんなレースを見れたタケヘイさんが羨ましいです。

No title

>yamaさん
夢はなかなか叶いませんが、追いかけるのはやめた時点で
確実に叶いませんよね。
叶うかわからなくても、追い続けることが大事ということ
でしょうね。

No title

>RED!さん
彼は私より5つほど年下ですが、学ぶべきところを
たくさん持っています。
いろいろな目標に対しての達成する意識の高さが
ずば抜けています。
年齢は関係ないですね。

No title

>けーじさん
ゆっくり最後まで見たかったのですが、猛暑で子供が
限界(?)を迎えたので、泣く泣く途中で帰路につきました。
レースは色々あったようですが、無事完走できたようで
良かったです。
レース後、サポートを申し出るスポンサーもあったようで
来年へのいい足掛かりも出来たようです。
努力したことが報われてほんと良かったと思いました。

タケヘイ

ようこそ!タケヘイの休日日記へ!!