11年ぶりの北アルプス 後篇

山登り
09 /23 2013
s-DSCN5800.jpg
2日目です。
あんまり寝れませんでした。。
5時前に起床。日の出を見にお隣の涸沢岳に登ります。
ヘッドライトをつけてゆっくり登ります。
空の色が変わってきました。美しい。。
s-DSCN5794.jpg

ほどなく涸沢岳到着(日本の山 標高第8位)
s-DSCN5805.jpg

狭い山頂に陣取り日の出を待ちます。寒い・・
s-DSCN5820.jpg

落ちたら完全にアウトです。。
s-DSCN5819_20130921205622d3b.jpg


明るくなって来ました。。
s-DSCN5808.jpg

周りの山が見え始めてきました。
s-DSCN5812.jpg

この時間なのにジャンダルムにはなんと人がいるようです。スゴイ。
s-DSCN5822.jpg

昨日登った奥穂高岳山頂にも結構人がいる。。
s-DSCN5823.jpg

日の出です。
s-DSCN5827.jpg

s-DSCN5834.jpg

s-DSCN5850.jpg

s-DSCN5860.jpg

朝日に照らされて、まあ美しいこと。。
s-DSCN5851.jpg

s-DSCN5857.jpg

s-DSCN5858.jpg

s-DSCN5863_2013092116292152d.jpg

s-DSCN5864.jpg

ほんと綺麗でした。満喫しました。
下山して朝食に行きました。
まだ6時過ぎなのに、我々が最終でした。
ご飯3杯ほど頂きました。

準備を済ませ、7時ごろ出発です。
sa-DSCN5867.jpg

眼下には雲海が広がっていました。
s-DSCN5869.jpg

s-DSCN5873.jpg
残念ながら富士山は見えなかったです。

下りは怖いですが、やはり早くどんどん高度を下げていきます。
s-DSCN5880.jpg

あまり見たことない花(?)です。
s-DSCN5884.jpg

1時間半ほどで涸沢まで下りてきました。コーラ休憩。
s-DSCN5885_201309211630527b6.jpg

ちょうど小屋に物資を届けるヘリが来ました。
なかなかの迫力。
s-DSCN5890_20130921163158d64.jpg

帰りはやや大周りのルートの案もあったのですが、
思いのほか疲労があるのと、上高地着が2時間ほどずれ込みそうなので
往路と同じルートを下ることにしました。
(この判断が後の明暗を分けることになるとはこの時は露知らず・・)

樹林帯を下ります。立派なブナがありました・・
s-DSCN5897_2013092116315865c.jpg

徳沢園でソフトを喰う。美味しいねえ~なんか食べてばっかり・・w
s-DSCN5900.jpg

行きと同じく梓川沿いを歩きます。
s-DSCN5902.jpg
この辺りまで来ると観光客の方が、たくさん歩いてこられます。

そしてかなり疲労感を感じつつPM3時前、無事上高地到着しました。
s-DSCN5903_20130921163155a43.jpg

s-DSCN5906.jpg

2日間で行動時間は17時間、歩いた距離は36km程でした。
結構距離があるもんです。
2日間とも最高の好天に恵まれ、事故や怪我もなく言うことなしの山行きとなりました。
大満足です。

これで無事終了といきたいところだったのですが、実はこの後、笑えないおまけがありまして・・

無事に山行きも終わり、平湯の温泉で汗を流し
あとは地元に帰って呑もうか~と言って脳天気に帰路に向かっていたのですが・・
家に着く10km手前ぐらいでしょうか?急に原因不明な強烈な差し込むような腹痛が・・・
命からがら這うように帰宅したのですが、その後、激痛に耐えきれず
やむなく救急車のお世話になることに・・・

病院に担ぎ込まれ、痛みに耐えながらの検査の結果は・・尿路結石でした。。

幸い、今は落ち着きましたが、まあほんと痛かったです。
もし山中でなっていたら、間違いなくヘリのお世話になるところでした。
帰りも大周りルートを通っていたらどうなってことか・・・
そういう意味では、自宅近くで発症して本当に運が良かったです。。
ツイてました。。

まあそんな感じで今回の山行きは一生忘れないような山行きとなりました・・(笑)

コメント

非公開コメント

山屋復活おめでとう

天気に恵まれて、良かったですね~
去年、奥穂に行った時は、真っ白けで何も見えませんでした
山小屋の混雑が嫌で、テント購入を考えてますが、氷点下の中で、寒がりが寝れるかどうかの葛藤中
来年、時間が出来るので、行きまっせ!  ジャン!

No title

>LE-11さん
お~お久しぶりです。
こんないい天気の山行きも珍しかったです。
ラッキーでした。
私も小屋泊が苦手なのと、寝床と生活用具を担いで上がる
ストイックなスタイルに魅力を感じております。
資金難ですが、山テントも手に入れたいです。
ジャンですか!憧れますね!
同行者とも行ってみたいなあと言ってました。
今回の天候ならチャレンジしてみてもよい状況
でしたが、激痛が出てたかもと思う行かなくて
よかったかと・・
気力体力が伴っていればぜひご一緒したいです~
(現状では厳しいですが・)
またよろしくお願いします。

No title

お疲れ様でした!
最後は少し大変だったようですが、登山は最高の天気でよかったですね~。
写真で見てるだけでもあの景色ですから、実際に見るのは圧巻なのでしょうね!
2日間で山道を36㎞歩くなんてスゴイ。
平地でも無理かも…。

No title

>けーじさん
いい天気で景色もよく、
高地なので、アルコールも回りまくって
なかなかええ気分でしたw
確かに結構距離歩いてますね。
でも歩かないと帰れないので
必死で歩いてました。。(笑)

ご無事でなによりでした。
これ以上ないぐらい美しい夜明けを迎え、夜にはこれ以上ないぐらいの痛みに悶える…この落差も山という非日常が故ですねぇ。
でも膝が大丈夫なようなので山男完全復帰ですね♪

No title

>滋賀オガさん
まさに天国と地獄を例えたような話に
なってしまいました(笑)
涸沢手前で渡るつり橋は結構揺れて気持ちわるかったですが
救急車乗車中はそれ以上に揺れた感じで、辛かったですw
人生これまた経験ですね。。
膝は幸い大丈夫でしたが、靴ズレしまくっていて
靴下がサスペンスドラマのように(?)なっておりました。。

タケヘイ

ようこそ!タケヘイの休日日記へ!!